2019年05月22日

リリイベ♪

 リリイベ行くぞ行くぞと思ってもなかなかスケジュールが厳しかったり(泣)。スケジュールというより体力温存の意味もあるのも正直なところなので、私はやっぱりヘタレだ。
 だけどリリイベ、もう1回は行くぞ。その気持ちは持っておきたいです。

NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス
NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス
カラフルスクリーム(カラフル盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス
カラフルスクリーム(カラフル盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス
TAKE WING [ 九州女子翼 ] - 楽天ブックス
TAKE WING [ 九州女子翼 ] - 楽天ブックス

 最新から少しさかのぼって思い返してみました。よっしゃ、音盤聞くぞ♪


 
posted by すみれ at 18:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

京都人は京都の観光地を知らない!?

 昨日は京都のとあるアイドルイベントに潜入しました。「潜入』?、はい、そういう感覚です(笑)。
 結果として言えば、トチ狂ってるのはむしろ私の方だということがわかったしだいです。自然が一番なのかもしれませんね。なにも思想を強制されたりしませんし。

 そのアイドルイベントには、少しニッチな所をねらったユニットが多数出演していました。私は正直そういうのは扱い対象外と思ってるんですけど、やっぱり推しが出演するから見たいという。
 自慢じゃないですけど、私の推しユニットは歌えるんですよ♪ パフォーマンスもカチッとしてる。ニッチで終わるつもりはぬゎい❗️

 だけど昨日は他の演者さんたちも良かった。目移りした。ちょっと手元で検索して情報収集したりもした。結局は物販が混雑していて私は自分の推ししか行かなかったけど。
 対バンの良いところは、そうやって目移りするところですね。結局混雑で物販はあきらめたとしても。それはそれで良し。

 昨日は全国から界隈で有名なユニットが多数来てました。さすがに見応えありました。そう思えただけでも私にとっては収穫だったと言えます。
 それにしても京都って所は。我が郷里です。昨日私は神と対話したのか、今朝は体調が良いです
posted by すみれ at 11:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

アルバム「輪廻転生」/アンジュルム

 アンジュルムのアルバム「輪廻転生」を聴きました♪ 近作2作(4曲)からして私はじつはあまり今作にも期待してなかったんですけど(えっ!?)、Disc1を2回り聴いて、今じわじわ来てます。おもしろいというか、何なんでしょうね、この感覚(笑)。

【中古】 Carry On my way /SPEED 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 Carry On my way /SPEED 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
コンプリート・コレクション 1984-1987 [ セイントフォー ] - 楽天ブックス
コンプリート・コレクション 1984-1987 [ セイントフォー ] - 楽天ブックス
【取寄商品】 CD/We are Winner!/スターティングオーバー/アップアップガールズ(2)/TPRC-224 - サプライズWEB
【取寄商品】 CD/We are Winner!/スターティングオーバー/アップアップガールズ(2)/TPRC-224 - サプライズWEB
SPROUT [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス
SPROUT [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス

 私はDisc1を聴いていて上記の盤たちを連想しました。SPEEDの盤は20年前になりますね。当時聴いた時は新しい要素を感じたものでしたけど、今回のアンジュルムはまだ令和時代を占うには早い時期(というか制作は平成末期ですね)なので、ちょっと感覚は違いますね。
 「もう一歩」ですわ、どうもSPEEDっぽいと感じた曲。ただし、アンジュのほうがかなりガヤ要素ですが(爆)[追記]

 どの曲だったかな、「フラグをぶっ壊せ!」かな、リズムが良いですね。「令和」と「昭和」は「和」が同じとよく言われます。昭和のリズムも少し戻ってくる可能性もありますね。それならこれでお勉強というわけで、セイントフォーはお勧めですよ。

 つんく♂の曲はすぐにわかりました。「帰りたくないな。」でしょ。私はアプガ(2)も聴いてるので、そのへんは感覚バッチリです。

 あと、私が今回好きだと思った曲は、「赤いイヤホン」のアレンジと、「今夜もステキに落ち着けない」の、りなぷうですかな。
 りなぷうではなく、めいめいを思い出したのは「鏡の国のひねくれクイーン」。ただ田村芽実のジャケが鏡を見てるからなんですけどね(笑)。なんならカバーしてほしいくらい。須磨入姉妹でもいいし。

輪廻転生〜ANGERME Past Present & Future〜 [通常盤][CD] / アンジュルム - CD&DVD NEOWING
輪廻転生〜ANGERME Past Present & Future〜 [通常盤][CD] / アンジュルム - CD&DVD NEOWING

 というわけで、アンジュルム。なんだかんだで私の中で盛り上がって来てます

posted by すみれ at 09:30| Comment(0) | ハロプロ | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

2019年5月前半のまとめ

 5月前半のまとめにちょっと早いけど入ることにします。ズバリ、私の中で何かが崩壊の危機だからです。何か尻尾を踏んでしまったのかもしれないdeath。

 (ハロプロ)
 BEYOOOOONDS主演、演劇女子部「不思議の国のアリスたち」サントラ(2019/4/19会場先行)をゲット。8月7日のBEYOOOOONDSメジャーデビューが発表されたのを受けて、ちょうどタイミングが良かったので5月3日、イオンモール常滑までちょっくら行ってきました。

BEYOOOOONDS / 演劇女子部「不思議の国のアリスたち」オリジナルサウンドトラック 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
BEYOOOOONDS / 演劇女子部「不思議の国のアリスたち」オリジナルサウンドトラック 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

 (大阪現場)
 一本筋を通してきたつもりだったのが、ここにきてぐらついてきました。崩壊の危機です。今なぜ危機だと思うのか、私はそれをこの5月に見ていきたいと思っています。

 私が今やろうとしてることは、もしかして難しい両立なのかもしれません。ハロと大阪と。だけど、それができなければ私のアイドル趣味自体が消滅してしまうことになるのかもしれません。アイドルがアイドルでいられる理由。私はそれに気付きつつあるのです。この5月は私はいつも以上に心してアイドル趣味と向き合おうと思います。(5/4記「2019年5月の抱負」より)

 ハロプロを切って大阪だけで一本化することができないから危機なのではありません。むしろハロプロがいてくれるからこそ私のアイドル趣味は成り立っています。
 私の言う「大阪現場」。その市場規模は決して小さくありませんね。私の言う「崩壊の危機」というのは、私自身の小さな殻が割れることを言ってるのかもしれません。小さな殻は割らないといけませんね。

 ここからなんだと思います。それに気づかせてくれたユニットが実は具体的にあるんですけど、具体的には書きません。それが私のメディアとの付き合い方なのです

posted by すみれ at 16:02| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

BEYOOOOONDS「不思議の国のアリスたち」サントラCD

 今日はBEYOOOOONDSの現在唯一のリリース済み音源と言える、演劇女子部「不思議の国のアリスたち」サントラCDをゲットしてきました♪

 イオンモール常滑(愛知県)にて、このサントラCDをブツとしてミニライブイベントが本日行われたんですけど、私はそのうち1部(昼の部)のみ観覧してきました。
 なにげに私が優先観覧エリアでハローのミニライブイベントに参加するのは、今回が初めて。

 今まではハローのCDは通販で予約して、ミニライブイベントでは一般エリアから遠巻きに見てるだけでした。
 さすがにハローはお客さんの数が半端ない。10時からの販売開始に対し私は現地に9時半頃に到着したんですけど、私は今回よくがんばった、列が動き出すまで30分も待ったんですから。

 …って、当たり前のことですよね、私はよくよく分かってるつもりだったんですけど、やっぱりいざ列に並ぶのは、きつい(汗)。
 なので今回、CDを無事ゲットしてミニライブが始まるまでの少しの間、私はゆっくりご飯を食べてジュースを飲んで、それはほんとうに開放感に満たされて良い気分でした♪

 ただし、水分を取った後ミニライブ本番ですから、トイレがやっぱり心配で(汗)、2回行っときました。
 今後ミニライブの観覧をする時は不用意に水分を取り過ぎないようにしないといけないかも。いろいろ考えさせられました
posted by すみれ at 18:27| Comment(0) | ハロプロ | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

BEYOOOOONDSのメジャーデビュー発表!

 BEYOOOOONDSのメジャーデビューが発表されましたね。リリースは8月7日なのでまだ3ヶ月以上先なんですけど、私は大阪のアイドルグループのリリイベにて学びました。リリースは結果であって途中経過でもあると。

 リリースまでの2~3ヶ月間、リリイベが行われCDの予約を受け付けます。そしてリリース日を迎えCDをリリイベ会場となったCDショップ等へ「回収」に行きます。
 リリース後もリリイベは続行され、そこからはCDの現物を買ってイベント参加となります。

 …アイドルヲタにとっては当然のことかも知れません。私は天然ボケなので今頃立体的に理解したりしてます(笑)。
 アイドルのCDリリースというのは、リリースの一瞬だけのことではないんですね。そこを理解しないと何も理解したことにならないかも。

 というわけで、BEYOOOOONDSのメジャーデビュー、おめでとう。
 ハロプロと大阪のグループと。私はもう一度、それら両方向から令和時代を占っていきたいと思うようになりました。ハロ他界は無理(笑)
posted by すみれ at 23:24| Comment(0) | ハロプロ | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

2019年4月後半のまとめ

 GW2019のスタートですね。カレンダーでは祝祭日でもお仕事する人も多いでしょう。逆に、通常の平日にお休みというパターンの人もいるでしょう。それだけでなく、年次有給休暇を取得すればカレンダーは関係ないですね。労働基準法もありますね。令和がどんな社会になっていくのか、それは世界が見守っています。非関税障壁ともなれば不利益を被る国も出てくるからです。

 さて、今日は今日とてアイドルライブでしたよ♪ というわけで、4月のまとめに入ります。

 (大阪現場)
 4月は最終的に、対バン2回、単独2回、施設イベ1回の計5回(4日)の参戦となりました。(それプラス、原田珠々華のリリイベ@NU茶屋町)。4月はこれで終わりそうです。次は5月になると思います。
 私が推してるグループとしては、現在コアとなるグループは3つあります。3つのグループを推すとけっこう忙しいです💦。チェキがたまってきましたわ💕

 (ハロプロ)
 4月前半のアンジュルムに続いて、後半はこぶしファクトリーのシングルがリリース。
【楽天ブックス限定先着特典】Oh No 懊悩/ハルウララ (通常盤B) (ポストカード付き) [ こぶしファクトリー ] - 楽天ブックス
【楽天ブックス限定先着特典】Oh No 懊悩/ハルウララ (通常盤B) (ポストカード付き) [ こぶしファクトリー ] - 楽天ブックス

 ここで2019年1~4月期の「my楽曲大賞」を発表します。

SPROUT [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス
SPROUT [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス
 まず、アルバム企画賞は、田村芽実「sprout」です。最近よく私はこれを聴くんです。ジャケットは通常盤がかわいいですね♪
 そして、my楽曲大賞第1位は、ジャンジャカジャ〜〜〜ン、つばきファクトリー「三回目のデート神話」(2019/2)です🏁。無条件に好きですわ♫ 次点はBitter & Sweet「ラブストーリーは始まらない」。これ好きなんですよ♬

posted by すみれ at 18:21| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

2019年4月前半のまとめ

 4月も半分が過ぎましたね。令和元年まであと半月。ここで4月前半のまとめをやっておきます。そのほうが良いと思いますので。

 (ハロプロ、アイドルネッサンス)
 2017年8月でしたか、アイドルネッサンス「前髪がゆれる」と、アップアップガールズ(2)「二の足Dancing」が前後してリリースされた時に、私は悩みに悩んで前者を買いました。あの時私は自分の楽曲の好みよりもアイドルネッサンスの子たちを取った。当時「二の足Dancing」が好きすぎたのに(笑)。
 その後、アイドルネッサンスは解散したんですけど、私はそれをうやむやのままに過ごして、アイルネへの思いはちゃんと成仏できていませんした。

【取寄商品】 CD/We are Winner!/スターティングオーバー/アップアップガールズ(2)/TPRC-224 [4/2発売] - サプライズWEB
【取寄商品】 CD/We are Winner!/スターティングオーバー/アップアップガールズ(2)/TPRC-224 [4/2発売] - サプライズWEB
【取寄商品】 CD/はじめての青/原田珠々華/TRJC-1084 [4/24発売] - サプライズWEB
【取寄商品】 CD/はじめての青/原田珠々華/TRJC-1084 [4/24発売] - サプライズWEB

 そんなことを思い出しつつ。4月前半にはアプガ(2)の新譜を購入したほか、元アイルネメンバー、原田珠々華のミニアルバムを急きょ参加したリリイベにて予約しました。発売は4月下旬の予定。
 その他、アンジュルムの新譜もリリース。本丸アンジュルムを「その他」扱いするとは(笑)。だけど私は最近カレーをよく食べるので、それで許してください♡
恋はアッチャアッチャ/夢見た 15年 (フィフティーン) [通常盤 A][CD] / アンジュルム - CD&DVD NEOWING
恋はアッチャアッチャ/夢見た 15年 (フィフティーン) [通常盤 A][CD] / アンジュルム - CD&DVD NEOWING

 (大阪現場)
 単独ライブ(新メンバーお披露目イベント)1回、対バン1回(4/14現在値)。
 情報はネットに無数に転がってると言われます。ようは取捨選択の問題だと。ほんとうにそうでしょうか。本当に知りたい情報はメディア(ライターがいる所)にもネット(ライターはその一員に過ぎない)にも転がってないかも知れません。
 だけど断片的に情報は発信されています。発信者がライターかどうかは重要な問題ではありません。集う所には結晶のように集います。その結果、やっぱり私は八方塞がりです。八方塞がりですけど、私はそれを不幸だとは思いません。なぜなら八方塞がりなのは予想通りなのですから。

 だからこそなんです。楽しむことに全力です☆
posted by すみれ at 18:16| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

2019年3月のまとめ(2)

 (ハロプロ関係 補足)
 「ベスト!モーニング娘。20th Anniversary」の最初のほうには、ジュンジュンとリンリンがいますね。「女と男のララバイゲーム」(2010/11)まで。
 ジュンジュンとリンリンの初参加は「女に 幸あれ」(2007/7)で、今回のベストにはその次の「みかん」から収録されています。

 もう10年くらい経ちますね。近年では中国人留学生よりも中国からのインバウンド客が目立つようになりました。それは、日本が相対的に貧しくなったとかそういう話ではなく、もっと構造的に私は俯瞰して解釈しています。
 そして、新時代の幕開け。その「構造」は新時代にどのように所作していくのか、私はそれを定点観察していきたいと思っています。

ちょい悪デビル - W
[iTunes]ちょい悪デビル - W

 それと、W(ダブルユー)の「ちょい悪デビル」が配信開始。13年前の音源だそうで。やっぱりハロプロはずっとハロプロなんだと私は妙に感心しました。


 (大阪現場 補足)
 3月は最終的に、定期公演1回、対バン(ライブハウス)3回、施設イベント(ライブ)1回の参戦となりました。
 昨日はアイドルライブ目的でとある施設へ行きました。そこも中国などからのお客さんでいっぱいでした。みんな裸で仲良くマナーを守ってくつろいでいました♨️。(ただしアイドルライブ自体はオマイツドルヲタばかりでした。)

posted by すみれ at 14:09| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

2019年3月のまとめ(1)

 3月はまだ予定があるので、今まとめると、まとめにならない。だけど第1弾としてまとめます(どないやねん)。事態はそれほどまでに逼迫しつつあるのです。

 (ハロプロ関連)
 「ベスト!モーニング娘。20th Anniversary」(初回生産限定盤B、4CD)、田村芽実「Sprout」(初回限定盤、CD+DVD)、そしてBitter & Sweetの新譜をそれぞれ購入。

【楽天ブックス限定先着特典】ベスト!モーニング娘。 20th Anniversary (初回限定盤B 4CD) (モーニング娘。'19 ステッカー付き) [ モーニング娘。'19 ] - 楽天ブックス
【楽天ブックス限定先着特典】ベスト!モーニング娘。 20th Anniversary (初回限定盤B 4CD) (モーニング娘。'19 ステッカー付き) [ モーニング娘。'19 ] - 楽天ブックス

 モーニング娘。はずっと何も変わってないでしょう? 私がずっと変わらないのと同じく、モー娘。もBRAND NEWで変わったなんていう事実は特段ないと思われます。
 それがわかったんだから、私はこれから「神秘なる女性」としてモー娘。を見ていこうと思います(笑)。
(3/10記)

 モー娘。の4CDは、4枚の区切りが私にとってとても区切りがいいのが印象深かったです。Disc3の時期に醸成された私の「思い」は、Disc4の時期つまりトランプ以後の世界情勢に具体的に発露されています。だたし、モー娘。は「女性」たちですね。私はその点を見過ごしてきたのかもしれません。私は「諒解」しなければ進まないことがあることを知ることになりました。

Sprout(仮) (初回限定盤 CD+DVD) [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス
Sprout(仮) (初回限定盤 CD+DVD) [ 田村芽実 ] - 楽天ブックス
遠いところへ行くのでしょう/ラブストーリーは始まらない [ Bitter & Sweet ] - 楽天ブックス
遠いところへ行くのでしょう/ラブストーリーは始まらない [ Bitter & Sweet ] - 楽天ブックス

 「音楽」の力。「歌」の力。田村芽実といいビタスイといい、私はそのことを思い知らされました。では力の源泉は何か。それが純粋な「思い」であってほしいのは事実ですが、音楽をめぐる絶えることのないある問題、今やそれは個人の健康や社会の安定だけの問題ではないのです。だからこそ新時代の幕開けなのです。今まで通ったことが通らなくなりつつあるのです。


 (大阪現場)
 定期公演1回と、対バンは2回参戦(3/27現在値)。今月から1つ新しいグループも推すことになりました。お小遣いは足りるのだろうか。。。

 (その他)
 みならいモンスターのアルバム「first contact」(2019/3/17)を購入。ハロー関係でもない大阪現場でもない、だけど私のマストアイテムです♪
posted by すみれ at 17:29| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

2019年2月のまとめ

 (ハロプロ)
 Juice=Juice、つばきファクトリーのシングルがそれぞれリリース。

微炭酸/ポツリと/Good bye & Good luck! (通常盤A) [ Juice=Juice ] - 楽天ブックス
微炭酸/ポツリと/Good bye & Good luck! (通常盤A) [ Juice=Juice ] - 楽天ブックス
三回目のデート神話/ふわり、恋時計 [通常盤 B][CD] / つばきファクトリー - CD&DVD NEOWING
三回目のデート神話/ふわり、恋時計 [通常盤 B][CD] / つばきファクトリー - CD&DVD NEOWING

 1~2月期のmy楽曲大賞は、つばきファクトリー「三回目のデート神話」です。アニメテイストなメタル曲(?)なんですけど、メロディー含め私のどストライクですわ♪
 「微炭酸」は、微炭酸は微炭酸でもジュースの微炭酸ですかね。Juice=Juiceゆえに(笑)。
 「ふわり、恋時計」は和風テイストですね。間奏の部分の楽器とか、私は10年くらい前の北京語の内モンゴル歌謡を連想したりもします。メロディーは90年代J-POP黄金作「DEPARTURES」みたいだと思いました。平成の総括ですね★

 (大阪)
 カラフルスクリームのDVD「無邪気☆カラスク」(2018/10/13収録)、カラフルスクリームのミニアルバム2枚「カラフル盤」「スクリーム盤」がリリース。
 「無邪気☆カラスク」をもって旧体制5人のうち2人が卒業し、現体制4人のお披露目もその時行われたという貴重な映像。
 そして現体制4人でのミニアルバム2種。ほんとにカラフルで聴いていて楽しい楽曲たちです。やっぱり私のイチオシは「恋予報」ですね♪

カラフルスクリーム(カラフル盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス
カラフルスクリーム(カラフル盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス
カラフルスクリーム(スクリーム盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス
カラフルスクリーム(スクリーム盤) [ カラフルスクリーム ] - 楽天ブックス

 現場参戦は3回でした。1回は対バン、1回は定期公演、1回がリリイベでした

posted by すみれ at 18:51| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

2019年1月のまとめ

 (ハロプロ)
 カントリー・ガールズのミニアルバム「Seasons」(2019/1/2会場先行)。
 私は「傘をさす先輩」が好き。去年配信限定リリースされてたんですけど、今作にて初CD化ですね。こうやって音源がまとめて音盤化されると、やっぱりうれしいです♡

【2019年03月06日発売】 ダイキサウンド カントリー・ガールズ/ Seasons【CD】 - 楽天ビック
【2019年03月06日発売】 ダイキサウンド カントリー・ガールズ/ Seasons【CD】 - 楽天ビック

 (大阪アイドル)
 現場参戦は2回でした。1回はライブハウス対バン、1回はCDショップでのリリイベ(予約イベ)。
 今回は人生初めて全く同じ盤種の複数枚購入(予約)をやっちゃいました(笑)。2ショットチェキ撮りたかったから。というより2ショットチェキ狙いで。

 というわけで2019年1月。マイペースですけどまずまずの出だしだと思ってます
 あと、ルパン三世の記事のアクセスが異様に多かったです。やっぱり長寿アニメは人気ありますね。勉強になりました
posted by すみれ at 00:06| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年のまとめ

 新時代の幕開け。年末の忘年会シーズンになると一気に歴史の厚みが一堂に会したりしますね。昔のご縁、古くからのご縁、新しいご縁。アイドルシーンでは「他界」なんて言葉を使いますけど(笑)、実際はどこかで生きてるわけで、勝ち負けじゃないんです。歴史の厚みの圧倒的存在感にうれしい驚きなんてことになったりしますね。

 「走馬灯」のような感覚かな。それこそ新時代の幕開けにふさわしいと私は思います。
 私はこの8年にわたるアイドル趣味を経て、孤独を選びました。つまり、音楽で連帯するのをやめました。完全なるインディペンデント。それは結局、私にとっては元の自分に戻っただけなんですけどね。 10/30記

 私は元来から完全なるインディペンデントです。だけど本当にそうなんでしょうか。年末の私は2つのブログ記事を上げました。
 「Liberal Crow」と「かかって来なさい」。(笑)。見る人が見たら私が完全なるインディペンデントだとは到底思えないでしょう。それこそ「レイヤーの違い」なんですけどね。新時代というのは旧時代の事物をすべて破壊し尽くしてからできるものではないんですね。旧時代の遺物は大切に使わないともったいないですから。

 2018年上半期は物事が大きく動きました。表面的には分かりにくくても、構造的には大きく動いた。6/27記
 この7月8月で私の心のウェートが完全に主客逆転したみたいです。いつかはそういう日が来るだろうとは思ってましたけど。スタートは今年4月だったと思います。8/26記

約束の唄 [ CHOCO★MILQ ] - 楽天ブックス
約束の唄 [ CHOCO★MILQ ] - 楽天ブックス

 私が「現場」に熱を上げるのとまさに反比例するかのように、実際の物事は決まっていったようです。「Liberal Crow」が私を導いてくれていたのかもしれませんね。冗談ですよ(笑)。でも私は、冗談を本気で言ってます。本気の冗談です。
 というわけで、どうやら今日の記事が2018年最後の記事になりそうです。良いお年を
posted by すみれ at 17:35| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

そういえば頭痛が治った。

 2016年春、アンジュルムに別れを告げる。
 2016年夏、心身ともに崩壊し病院沙汰になる。
 2016年秋、アンジュルム「上手く言えない」、モーニング娘。’16「そうじゃない」。
   ↓
 2017年3月、モーニング娘。’17「BRAND NEW MORNING」。
 2017年5月15日、アンジュルムの封印解除。
 2017年5月30日、真莉愛ちゃんの始球式。
 2017年6月、アンジュルム「愛さえあればなんにもいらない」。
 2017年7月、新時代の幕開け。


 じつは私、今年5月30日頃から6月30日頃まで1ヶ月間ずっと頭痛が続いてた。6月中旬くらいに病院に行こうかと思ったけど、行くのが面倒だったので7月になってもまだ頭痛が続いてたら病院へ行くと決めた。
 7月に入って、そういえば頭痛は治まってる。頭痛の痕跡みたいなのが脳みその奥の方に残ってるような気もするけど、ほぼほぼ治ったみたいだ

 じつは去年はもっと大変だった。心身ともに病んでるところに、「上手く言えない」とか「そうじゃない」とか(笑)。。やっぱり何かおかしかったのかなぁ。
 今年は今年で1ヶ月も頭痛が続いたのでじつは心配してた。封印は解除され始球式まで済んだのに、その直後から頭痛が始まったから。。

 何だったんだろう。この記事は備忘録として自分のために残しておく

posted by すみれ at 16:22| Comment(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

ありがとう

 「夢見る15歳」をCDショップで衝動買いした2010年5月のちょうど同じ頃、私は新しいネットワーク(人間付き合い)に参加するようになった。
 もっと正確にいえば、その半年前の2009年末にその門を叩いたのが始まりだった。

 新しい人間付き合いを始めると、それまでの自分では発想しなかったようなことを経験するようになる。
 例えば iPod touch を買ったのもその一つだし、(この恥ずかしい)ブログを書くようになったのもその一つ
 ちょうどスマイレージからアイドルグループに興味を持ち始めた頃だったので、それらはおおいに役立った。

 正直に言うと、それまでの私にけっして愛国心があるわけではなかった。むしろ、世の中どうなろうと知ったものかと思っていた。
 愛国心というと分かりにくければ、“生きてる実感”と言い換えてもいい。本来私が持ってる前向きな心とは裏腹に、その頃の私はゾンビのような存在だった。
 魂が死んでる状態で根性だけご立派なゾンビのような存在。今の私は昔の自分をそのように思う。

 とにかく刺激が大きかった。刺激を受けると脳が活性化し生きてる実感がわくようになった。
 新しいネットワークでの交流は2010年末で区切りを付け、2011年初頭でお別れとなった。
 私がそのネットワークで貢献できるのも(音楽を作ったり)、私がそのネットワークから得られる刺激も、その頃がお互いにとって卒業の季節だったと言えるかもしれない。

夢見る 15歳 [ スマイレージ ] - 楽天ブックス
夢見る 15歳 [ スマイレージ ] - 楽天ブックス

 少なくとも、私の死した心が息を吹き返すターニングポイントとなったのが2010年頃だったのは間違いない。そしてそのテーマソングが「夢見る15歳」ということなのである。
 息を吹き返した後も実際問題としてイバラの道である。だけど楽しいことも見つけて環境も変わってきて前向きに生きている。

 死した環境に適応して自分の心も死なせてしまってどうする。今の自分が昔の自分に言いたいことである。

 
posted by すみれ at 09:21| Comment(1) | 備忘録 | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

懐メロ開拓事始め

 わたくし、ウォンバットは昭和48年生まれの団塊ジュニア世代でございます。トシちゃんや松田聖子の1980年に小学校へ上がり、年ごろの中学生になったのは1986年のことでした。そのころはすでに時代が変わっていて、6年生の時、子供心ながら世相の変化に一抹のさみしさと不安を感じたものでした。小学生の時、口ずさむ歌といえば、細川たかしの「北酒場」や日野美歌の「氷雨」だったのですが、そういうのは当時は特段珍しいことではありませんでした。歌番組で“ぶりっこアイドル”をちらり横目で気にしながら、そういう演歌歌謡曲を“安全ゾーン”として歌っていたのでしたわーい(嬉しい顔)

 ・・・・・・・

 2003年、今から6~7年前、当然わたくし大人になっています。当時何気にテレビの特番を見ていると、石川ひとみが「まちぶせ」を歌いました。松任谷正隆アレンジの出だしの部分を耳にした時、わたくしは“懐メロ”への熱い情念を抱くことになったのでしたかわいい。当時、リアルタイムの音楽に急速に縁遠くなっていたのですが、そんな心の隙間に入り込んできたのが懐メロ、というわけです。
 そして2003年のその当時、何ともタイミングの良い企画がグリコより提供されました。題して“「タイムスリップグリコ」青春のメロディーチョコレート”。チョコに懐メロCDが付いていて、開けてみるまで何の歌かわからない、という乙な企画でした。
 そして2003年の年末、何気に入ったCD店で見つけたのが、おまけCDの曲を1枚のオムニバスとしてまとめたこのCDだったのです。  


 恐ろしいことにexclamation&question、このCDには「まちぶせ」が2種類も入ってるでないか! 一つは件の石川ひとみのまちぶせで、もう一つは三木聖子のシリアスな歌い方のまちぶせ。誰だこれ?、と当時わたくしがいぶかしんだのは言うまでもありません。三木聖子のほうは1976年発売と書いてあります。古い!、そりゃ知ってるわけがないのでした。
 このCDには当然他にも70年代の曲がいっぱい入っていて、どれもこれも古臭いアレンジにメロディーがそれぞれのジャケット写真にお似合いだと感じたものでした。
 それでも物珍しさも手伝って、聞き慣れてくると“良く”なってくるものです。ついには70年代最高!、ってなったわけですが、なかでも一番気に入ったのが、松本隆作詞・森田公一作曲・荻田光雄編曲の「好きよキャプテン」でしたわーい(嬉しい顔)

ザ・リリーズ『好きよキャプテン』 cw 『恋する3秒間』MEG-CD - 演歌ラ屋「栄陽堂」
ザ・リリーズ『好きよキャプテン』 cw 『恋する3秒間』MEG-CD - 演歌ラ屋「栄陽堂」

 ザ・リリーズという双子の女の子が赤い服と白いスカートを着て、ぼさぼさ?の髪形がまた何ともいい感じでした。後日母親にリリーズのことを話すと、びっくりする応えが返ってきました。1975年、当時わたくしは2歳になる年だったのですが、テレビを見て私が初めて口ずさんだ歌が「好きよキャプテン」だったのだそうですexclamation
 血は争えない、じゃなくてわたくし自身のことですもんね、わたくし人生で二度も「好きよキャプテン」に電撃が走ったわけなのです。

 ・・・・・・・

 ここまで読んでくださった心やさしい皆さんも、このように過去数十年の日本社会に郷愁めいた感情を一つや二つは抱いておられるのではないでしょうか。それを思うと、わたくし自身も含めて、将来社会がどうなることやらと不安になることも多々あることだと思います。楽しかった思い出、悔しかったこともありました。“思い出がいっぱい”です。できるものならいつまでもこうしていたい、と思うのが人情っていうものですが、なにやら雲行きが怪しいです。

 …今回はここらへんで失礼します。ありがとうございました。



posted by すみれ at 22:11| Comment(0) | 備忘録 | 更新情報をチェックする