2019年05月31日

2019年5月のまとめ

 5月末となった今、私はなんとも気持ちが落ち着きました。未解決案件2つのうち1つはいまだ未解決なんですけど、それでもおおむねクリアした感覚です。5月の流通CDのリリースでは、アンジュルム「輪廻転生」(3CD)とNEO BREAK「NEXUS」が無事クリアできたことが大きい。アンジュルムはスマイレージ時代から私が見てきて9年になります。NEO BREAKの所の事務所とも8年になります。2011年5月に初めてそこの事務所のCDを買ったものでした。

 (大阪)
 5月頭に初めて見たユニットが5月末で解散となりました。CDはミニアルバムが1枚去年にリリースされてるんですけど、メンバーは全て入れ替わってます。それでもなんでも、私はその音源がすごく気に入ったので、ちょっと寄り道したくなったのでした。解散の前日のライブには参戦できました。私にとってはちょうどいい形のお別れになったかな。また形を変えて再会することもあるかもしれませんね。

 解散といえば、去年私が一推ししてたユニットが解散したのが年末でした。それから満5ヶ月が経ちました。どれくらい私の中で風化したのか、それはよくわかりませんけど、そんな折に送られてきたものがあって、それが未解決案件の1つということで今回解決しました。解決はしたんですけど、解決してもしなくても、今はどちらでも良かったような、それは解決した今だからこそ言える余裕なのかもしれませんね。

 つまり、ほっとしたということです。5月のまとめは、それに尽きます。
 5月の大阪現場はトータルで5回でした。対バン4回、リリイベ1回。そのリリイベもとても印象深く、そして私はそこでもほっとしました。
NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス
NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス

 ほっとしたからといって私は貪欲さを忘れません(笑)。新規にもう1グループ、これから見ていくことになりそうです。縦糸と横糸で言えば横糸の方なんですけど、けっして寄り道ではない。対バンにて、良いグループをまた1つ見つけてしまったのかもしれません
posted by すみれ at 11:34| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

2019年5月中盤のまとめ

 私は「求道者」でもなければ「〇〇寺派」でもないーー5月18日、私は神と直接対話して、心の揺らぎをどうやら解消して自分を取り戻したようです。あの日から翌朝にかけて、私は体調がすこぶる良かった。それだけは紛れもない事実です。

 5月はまだ未解決案件が2つほど残ってるので、「5月のまとめ」はそれが終わってから書くべきでしょう。だけどあえて今書きます。そのほうが良いと思いますから。

 (ハロプロ)
 アンジュルム「輪廻転生」(3CD)のリリース。タイトルがいきなり宗教めいていますけど(笑)、私は宗教を否定するつもりはないですよ。じじつ仏教寺院を通じて私は自分を取り戻せましたから。

輪廻転生〜ANGERME Past, Present & Future〜 [ アンジュルム ] - 楽天ブックス
輪廻転生〜ANGERME Past, Present & Future〜 [ アンジュルム ] - 楽天ブックス

 (大阪)
 NEO BREAK「NEXUS」のリリース。14トラックのフルアルバムです。私は「アルナイル」がいちばん気に入りました。このアルバムは最初聴いた時はインパクトよりも「哲学」を感じました。鬼リピして曲を覚えた今では、ただただ名盤として聴いてます♡

NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス
NEXUS [ NEO BREAK ] - 楽天ブックス

 5月のmy楽曲大賞は、アンジュルム「赤いイヤホン」でもNEO BREAK「アルナイル」でももちろん良いんですけど、もう1曲、良いのがあるんです。正規の盤じゃなくCD-Rのdemo盤なのでここには具体的には書きませんけど、その曲が一番です。

 繰り返しになりますけど、私は求道者ではありません。あの日、私はチラシを受け取らなかった。渡すほうも渡すほうで、私には渡さなかった。入場のその瞬間、私は理解したんです。でも一つだけ。最後の物販で撮った2ショットチェキがあるんですけど、私の顔がとても優しい表情なんです。自分で言うのもなんですけど
posted by すみれ at 11:35| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

2019年5月前半のまとめ

 5月前半のまとめにちょっと早いけど入ることにします。ズバリ、私の中で何かが崩壊の危機だからです。何か尻尾を踏んでしまったのかもしれないdeath。

 (ハロプロ)
 BEYOOOOONDS主演、演劇女子部「不思議の国のアリスたち」サントラ(2019/4/19会場先行)をゲット。8月7日のBEYOOOOONDSメジャーデビューが発表されたのを受けて、ちょうどタイミングが良かったので5月3日、イオンモール常滑までちょっくら行ってきました。

BEYOOOOONDS / 演劇女子部「不思議の国のアリスたち」オリジナルサウンドトラック 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
BEYOOOOONDS / 演劇女子部「不思議の国のアリスたち」オリジナルサウンドトラック 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

 (大阪現場)
 一本筋を通してきたつもりだったのが、ここにきてぐらついてきました。崩壊の危機です。今なぜ危機だと思うのか、私はそれをこの5月に見ていきたいと思っています。

 私が今やろうとしてることは、もしかして難しい両立なのかもしれません。ハロと大阪と。だけど、それができなければ私のアイドル趣味自体が消滅してしまうことになるのかもしれません。アイドルがアイドルでいられる理由。私はそれに気付きつつあるのです。この5月は私はいつも以上に心してアイドル趣味と向き合おうと思います。(5/4記「2019年5月の抱負」より)

 ハロプロを切って大阪だけで一本化することができないから危機なのではありません。むしろハロプロがいてくれるからこそ私のアイドル趣味は成り立っています。
 私の言う「大阪現場」。その市場規模は決して小さくありませんね。私の言う「崩壊の危機」というのは、私自身の小さな殻が割れることを言ってるのかもしれません。小さな殻は割らないといけませんね。

 ここからなんだと思います。それに気づかせてくれたユニットが実は具体的にあるんですけど、具体的には書きません。それが私のメディアとの付き合い方なのです

posted by すみれ at 16:02| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする