2019年06月27日

2019年上半期のまとめ

 6月末ということは1年の半分が過ぎつつあるということですね。いま気づきました。

 モーニング娘。はずっと何も変わってないでしょう? 私がずっと変わらないのと同じく、モー娘。もBRAND NEWで変わったなんていう事実は特段ないと思われます。
 それがわかったんだから、私はこれから「神秘なる女性」としてモー娘。を見ていこうと思います(笑)。
(3/10記)
 それはつまり、私がモー娘。を客観視することを意味しました。自分はハロヲタであってもモー娘。と同じ立場ではなく、モー娘。は客体だと。当然のことなんですけどね。

 私が今やろうとしてることは、もしかして難しい両立なのかもしれません。ハロと大阪と。だけど、それができなければ私のアイドル趣味自体が消滅してしまうことになるのかもしれません。この5月は私はいつも以上に心してアイドル趣味と向き合おうと思います。(5/4記)
 それはつまり、大阪における独自の状況のことを暗喩していました(嘘です)。だけど、やっぱり私は不安定になりました。それが下記です。

 一本筋を通してきたつもりだったのが、ここにきてぐらついてきました。崩壊の危機です。今なぜ危機だと思うのか、私はそれをこの5月に見ていきたいと思っています。(5/12記)
 私は「求道者」でもなければ「〇〇寺派」でもないーー5月18日、私は神と直接対話して、心の揺らぎをどうやら解消して自分を取り戻したようです。あの日から翌朝にかけて、私は体調がすこぶる良かった。それだけは紛れもない事実です。繰り返しになりますけど、私は求道者ではありません。あの日、私はチラシを受け取らなかった。渡すほうも渡すほうで、私には渡さなかった。入場のその瞬間、私は理解したんです。でも一つだけ。最後の物販で撮った2ショットチェキがあるんですけど、私の顔がとても優しい表情なんです。自分で言うのもなんですけど。(5/23記)
 つまり、ほっとしたということです。5月のまとめは、それに尽きます。(5/31記)
 それらはつまり、私がおおいに揺らついたことを記しています。そうかと思えば昨日たまたまニュースで見ました。「今様」について。800年前の流行歌だそうです。メロディーは再現できるとして、それに現代風のビートをつければどんなアイドル歌謡ができるのか、私はワクワクしたりしてます。私が目指すは廃仏毀釈ではないことは自明なのかもしれません。ではいったい何なのか。

三回目のデート神話/ふわり、恋時計 (通常盤B) [ つばきファクトリー ] - 楽天ブックス
三回目のデート神話/ふわり、恋時計 (通常盤B) [ つばきファクトリー ] - 楽天ブックス

 少し前までとある社会では、「勝ち組」「負け組」と言われてましたね。これからはどうなるのか。
 反乱するとすれば負け組の側ではないでしょう。それが「新時代の幕開け」なのです。人は一人では生きられない。だから勝ちは永遠に遠くなるのです。なぜなら、「構図は極めて残酷」だからです。
(6/5記)
 それはつまり、私はすでに去年に達していた結論です。これしか答えは無い。

【中古】 my graduation/Brand−new Weekend /SPEED 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 my graduation/Brand−new Weekend /SPEED 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

 一旦区切りをつけようと思うようになった私への「はなむけ」のような感じなのかな、6月には最終的に私はそんな楽曲にたどり着きました。6/26記
 その大阪での新しいユニットですけど、しょうじき歌はまだ上手くないです。だけど久しぶりに今回私は過去の自分の音楽趣味を思い出しました。またすごいところに迷い込んだのかもしれません(笑)。最後は音楽で一騎打ちになるのかもしれません。具体的に何と何の一騎打ちなのかは、私の中でも曖昧ですけど。 6/23記
 そして最終的に維新のビルの地下をあとにして、私は一旦区切りをつけることになりました。さっきの「今様」の話ではないですけど、少なくとも700年以上前に遡らなければわからないことがありそうです。なので私は卑近なところでは「極めて残酷な構図」がくっきり見えていますけど、その深淵にあるものはよくわかりません。それを少しずつでも解明していくことが私のこれからの趣味になっていくといえばご都合主義でしょうか(笑)。

 ちなみに、上半期my楽曲大賞は、「三回目のデート神話」/つばきファクトリー です♪

posted by すみれ at 11:21| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

2018年のまとめ

 新時代の幕開け。年末の忘年会シーズンになると一気に歴史の厚みが一堂に会したりしますね。昔のご縁、古くからのご縁、新しいご縁。アイドルシーンでは「他界」なんて言葉を使いますけど(笑)、実際はどこかで生きてるわけで、勝ち負けじゃないんです。歴史の厚みの圧倒的存在感にうれしい驚きなんてことになったりしますね。

 「走馬灯」のような感覚かな。それこそ新時代の幕開けにふさわしいと私は思います。
 私はこの8年にわたるアイドル趣味を経て、孤独を選びました。つまり、音楽で連帯するのをやめました。完全なるインディペンデント。それは結局、私にとっては元の自分に戻っただけなんですけどね。 10/30記

 私は元来から完全なるインディペンデントです。だけど本当にそうなんでしょうか。年末の私は2つのブログ記事を上げました。
 「Liberal Crow」と「かかって来なさい」。(笑)。見る人が見たら私が完全なるインディペンデントだとは到底思えないでしょう。それこそ「レイヤーの違い」なんですけどね。新時代というのは旧時代の事物をすべて破壊し尽くしてからできるものではないんですね。旧時代の遺物は大切に使わないともったいないですから。

 2018年上半期は物事が大きく動きました。表面的には分かりにくくても、構造的には大きく動いた。6/27記
 この7月8月で私の心のウェートが完全に主客逆転したみたいです。いつかはそういう日が来るだろうとは思ってましたけど。スタートは今年4月だったと思います。8/26記

約束の唄 [ CHOCO★MILQ ] - 楽天ブックス
約束の唄 [ CHOCO★MILQ ] - 楽天ブックス

 私が「現場」に熱を上げるのとまさに反比例するかのように、実際の物事は決まっていったようです。「Liberal Crow」が私を導いてくれていたのかもしれませんね。冗談ですよ(笑)。でも私は、冗談を本気で言ってます。本気の冗談です。
 というわけで、どうやら今日の記事が2018年最後の記事になりそうです。良いお年を
posted by すみれ at 17:35| Comment(0) | まとめ | 更新情報をチェックする