2019年09月18日

【ここ2ヶ月のまとめ】京都の大地に恵みあれ

 昨晩、私の部屋の壁に貼ってある京都市内の地図が、寝てる間にバサッと傾きました。扇風機を回してたので、地図がバタバタして画鋲が1つ取れたからでした。
 目が覚めて地図が傾いてることに気づいて、私はすぐに落ちた画鋲を探しました。画鋲はシーツに紛れてました。さいわい怪我はなかったです。

シューティングスター - Happy3days
[iTunes]シューティングスター - Happy3days


 京都の地図が傾いた。怖いので私はその地図を壁に貼るのをやめました。私の部屋から京都の地図がなくなりました。
 そのことは、特に深い意味はないとは思います。もし何かしら「意味」があったとしても、それは私が事前に作っておいた意味でしかないでしょう。そういうのを「意味づけ」と言うのでしょう。

約束する、時間が止まるほど君を見つめている - きみともキャンディ
[iTunes]約束する、時間が止まるほど君を見つめている - きみともキャンディ


 数日前、私は石川県小松市へ遊びに行きました。小松駅では北陸新幹線の駅の建設も始まってます。駅前には古くからの市街があって、大きなお寺があちこちにあります。一般家屋も含めて赤い屋根瓦が多いですね。
 私はそこでも「日本」の形を垣間見た気持ちです。私はただアイドルを見に行っただけだったんですけどね(笑)。

Good bye day - 雷都少女
[iTunes]Good bye day - 雷都少女


 私は世界の再構築をやったわけではありません。私は「世界の再再現」をやってみただけです。どんな切り口で切っても出てくるものは同じだということです。
 それは、「世界」が自分の世界だからです。髪の毛って不思議で、自分の髪の毛は平気なのに、落ちてる髪の毛は大量に落ちてたら嫌ですよね。きもい(笑)。DNA鑑定したら自分の髪の毛だったりして。

End of the world - 雷都少女
[iTunes]End of the world - 雷都少女


 それが「世界」なのです。世界が終わる、世界が変わる。それは自分が変わることと同義です。それをお節介にも気づかせてくれる存在もいるでしょう。
 世の中の変化に自分がついていけない。それは今に始まったことでしょうか。世界が自分に追いついてきた(キリッ)。それは今に始まったことですか?

ハスキー - husky
[iTunes]ハスキー - husky


 物事というのは、知れば知るほど矛盾がなくなっていきますね。京都の大地。京都を形容するのに「大地」を使いますか? 私は使いたいです。北海道の大地と同じように、京都の大地も恵みがあるはずだからです。
 私はそのことに気づいたからこそ、京都市の地図を壁から外すことにしたのです。
posted by すみれ at 10:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする